竹田出雲の解説 - 小学館 大辞泉

浄瑠璃作者・興行師。

(初世)[?~1747]別号、千前軒。竹本座の座元。経営に才腕を振るうとともに、浄瑠璃も書いた。代表作「蘆屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ) 」など。
(2世)[1691~1756]初世の子。名は清定。別号、小出雲、のち千前軒・外記。竹本座座元として経営・演出に手腕を発揮、浄瑠璃の最盛期をもたらした。代表作に並木宗輔三好松洛らとの合作「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。