箕作麟祥の解説 - 小学館 大辞泉

[1846~1897]法学者。江戸の生まれ。阮甫 (げんぽ) の孫。フランスに留学。帰国後、明治政府のもとで法律の起草と制定に尽力し、司法次官・行政裁判所長官などを歴任。

箕作麟祥の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 学者・教授
出生地
東京都
生年月日
1846年9月19日 おとめ座
没年月日
1897年11月29日(享年51歳)
別表記
あきよし

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[社会/法律の人物]カテゴリの言葉