• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

粟田口国綱の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1255ころ]鎌倉初期の粟田口派の代表的刀工。後鳥羽院の御番鍛冶を務め、左近将監 (しょうげん) と称したという。北条時頼のために名刀鬼丸を作った。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉