• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紀女郎の解説 - 小学館 大辞泉

奈良中期の万葉歌人。名は小鹿 (おしか) 。安貴王 (あきのおおきみ) の妻。大伴家持 (おおとものやかもち) との贈答歌で知られる。生没年未詳。