素性の解説 - 小学館 大辞泉

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。俗名、良岑玄利 (よしみねのはるとし) 。遍昭の子。左近将監、のち出家し、権律師 (ごんのりっし) となる。歌は古今集後撰集にある。家集「素性集」。良因朝臣 (よしよりのあそん) 。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース