• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

結城孫三郎の解説 - 小学館 大辞泉

糸操りの人形遣い。

(初世)江戸前期の人形芝居の座元。江戸葺屋 (ふきや) 町に結城座を開いたとされる。生没年未詳。
(9世)[1869~1947]東京の生まれ。糸操り人形芝居の手操りを改革、芸域を広げて結城座の地位を確立した。