花山院の解説 - 小学館 大辞泉

京都市上京区にあった清和天皇の皇子貞保 (さだやす) 親王の邸跡。藤原忠平が伝領し、のちに花山天皇が出家して没するまでの間ここに居住。
花山天皇退位出家後の称。
藤原北家 (ほっけ) 道長流の家の名。藤原師実 (ふじわらのもろざね) の次男家忠 (いえただ) に始まる。