芳賀矢一の解説 - 小学館 大辞泉

[1867~1927]国文学者。福井の生まれ。ドイツに留学し、文献学的国文学を提唱。国文学研究の開拓者といわれる。著「国文学史十講」「国民性十論」「攷証今昔物語集」など。

[文学/文学研究者など]カテゴリの言葉