• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

若山牧水の解説 - 小学館 大辞泉

[1885~1928]歌人。宮崎の生まれ。本名、繁。尾上柴舟 (おのえさいしゅう) に師事。前田夕暮とともに自然主義歌人として一時代を画した。旅と酒の歌が多い。歌誌「創作」を主宰。歌集「海の声」「別離」「路上」「死か芸術か」「山桜の歌」。

若山牧水の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
宮崎県東臼杵郡東郷村坪谷(現・日向市)
生年月日
1885年8月24日 おとめ座
没年月日
1928年9月17日(享年43歳)