• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荒俣宏の解説 - 小学館 大辞泉

[1947~ ]翻訳家・評論家・小説家。東京の生まれ。「別世界通信」「世界幻想作家事典」「本朝幻想文学縁起」などを著し、幻想文学、博物学の研究に尽力する。伝奇小説「帝都物語」はベストセラーとなり、日本SF大賞受賞。他に「世界大博物図鑑」など。

荒俣宏の解説 - SOCKETS人物データベース

博物学者、図像学研究家、小説家、収集家、神秘学者、妖怪評論家、翻訳家、タレント。中学生の頃より同人誌の編集、海外の異端文学の収集や著作を行う。1962年の著書「帝都物語」が350万部のベストセラーとなり映画化。88年、水木しげるに弟子入り。94年ライフワークの「世界大博物図鑑」全5巻が完結。95年世界妖怪協会に入会。タレントとしてテレビのバラエティ番組にも多数出演。
出生地
東京都台東区鶯谷
生年月日
1947年7月12日(73歳) かに座
血液型
B型
別表記
団精二 本野 虫太郎