荒木又右衛門の解説 - 小学館 大辞泉

[1599~1637]江戸前期の剣客。伊賀国荒木村の人。寛永11年(1634)伊賀上野で妻の弟源太夫のかたきを討つ。伊賀越えの仇討 (あだう) ちとして有名。
直木三十五の時代小説。昭和5年(1930)刊行。初版刊行時のタイトルは「正伝荒木又右衛門」。