荷田春満の解説 - 小学館 大辞泉

[1669~1736]江戸中期の国学者・歌人。伏見稲荷神社の神官。国史・古典を究めて復古神道を唱え、万葉記紀研究の基礎をつくった。国学四大人の一人。著「春葉集」「万葉集僻案抄」「日本書紀訓釈」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉