• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菅原為長の解説 - 小学館 大辞泉

[1158~1246]鎌倉初期の学者。文章博士 (もんじょうはかせ) 参議勘解由 (かげゆ) 長官。有職故実に通じた。著「字鏡集」「文鳳鈔」など。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉