• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菅専助の解説 - 小学館 大辞泉

江戸後期の浄瑠璃作者。京都の人。人形浄瑠璃の衰退期に、主に豊竹座のために筆をとり、新風を吹きこんだ。作「摂州合邦辻 (せっしゅうがっぽうがつじ) 」「桂川連理柵 (かつらがわれんりのしがらみ) 」など。生没年未詳。