• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菅茶山の解説 - 小学館 大辞泉

[1748~1827]江戸後期の儒者。漢詩人。備後 (びんご) の人。名は晋帥 (ときのり) 。通称、太仲。京都で朱子学を学び、帰郷して黄葉夕陽村舎 (こうようせきようそんしゃ) を開く。頼山陽の師。著「筆のすさび」「黄葉夕陽村舎詩」など。かんちゃざん。