• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菊岡検校の解説 - 小学館 大辞泉

[1792ころ~1847]江戸後期の地歌作曲家・演奏家。京都の人。一山 (いちざん) 検校に師事し、多くの名曲を残した。作「茶音頭」「夕顔」「磯千鳥」など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉