• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菊池五山の解説 - 小学館 大辞泉

[1769~1849]江戸後期の漢詩人。讃岐 (さぬき) の人。名は桐孫 (まさひこ) 。通称、左太夫。市河寛斎に学び、のち江戸詩壇の代表的存在となった。著「五山堂詩話」。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉