• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菊池幽芳の解説 - 小学館 大辞泉

[1870~1947]小説家・新聞記者。茨城の生まれ。本名、清。大阪毎日新聞社に勤めるかたわら、新聞小説を連載。家庭小説の先駆をなした。小説「己が罪」「乳姉妹」など。

菊池幽芳の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
常陸国水戸藩長者町(現・茨城県水戸市)
生年月日
1870年12月18日 いて座
没年月日
1947年7月21日(享年76歳)
別表記
菊池 清 きくち きよし