菱田春草の解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1911]日本画家。長野の生まれ。本名、三男治 (みなじ) 。岡倉天心・橋本雅邦の薫陶を受け、日本美術院創立に参加。横山大観らと朦朧 (もうろう) 体といわれる描法を試みるなど、日本画の革新に努めた。代表作「落葉」「黒き猫」など。

菱田春草の解説 - SOCKETS人物データベース

芸術家
出生地
長野県
生年月日
1874年9月21日 おとめ座
没年月日
1911年9月16日(享年36歳)

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉