• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葛城襲津彦の解説 - 小学館 大辞泉

《古くは「かづらきのそつひこ」》4世紀後半ごろの豪族。大和の人。武内宿禰 (たけのうちのすくね) の子。大和朝廷に仕え、その娘、磐之媛 (いわのひめ) 仁徳天皇の皇后とされる。