董狐の解説 - 小学館 大辞泉

中国、春秋時代の史官。霊公が趙穿 (ちょうせん) に攻め殺された時、正卿である趙盾 (ちょうとん) が穿を討たなかったことから、董狐は「盾、その君を弑 (しい) す」と趙盾に罪があると記録した。後世、理非を明らかにしたこの態度が、孔子に大いにたたえられた。