蓮如の解説 - 小学館 大辞泉

[1415~1499]室町中期の浄土真宗の僧。本願寺第8世。京都の人。諱 (いみな) は兼寿。号、信証院。諡号 (しごう) は慧灯大師。宗旨を平易な文で説く「御文 (おふみ) (御文章)」を送って布教し、門徒派の組織化に尽力。比叡山衆徒により本願寺が破却されて越前吉崎に住し、のち畿内に戻り、山科に本願寺を再興。晩年は大坂に石山別院を建立した。著「正信偈大意」。

出典:青空文庫