• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

薄田泣菫の解説 - 小学館 大辞泉

[1877~1945]詩人・随筆家。岡山の生まれ。本名、淳介。蒲原有明 (かんばらありあけ) とともに近代詩の一時代を画した。詩集「暮笛集」「ゆく春」「白羊宮」、随筆集「茶話 (ちゃばなし) 」など。