• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

薩摩守の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 薩摩国の長官。特に、平忠度 (たいらのただのり) をさすことが多い。

  1. 《「薩摩守忠度 (ただのり) 」を「ただ乗り」にもじって》乗り物に無賃で乗ること。また、その人。ただのり。「薩摩守を決め込む」

狂言。神崎の渡し守は秀句好きと教えられた出家が、「平家の公達 (きんだち) 薩摩守忠度 (ただのり) 」という句でただ乗りを試みるが、肝心の「忠度」という部分を忘れて失敗する。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉