• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原伊周の解説 - 小学館 大辞泉

[974~1010]平安中期の公卿。道隆の二男。父の死後、叔父の道兼道長と権勢を争い、従者が花山法皇に矢を射かけたことなどにより大宰権帥 (だざいのごんのそち) に左遷。のち許されて帰京し、大臣に準じる地位を与えられ、世に儀同三司と称された。