藤原忠通の解説 - 小学館 大辞泉

[1097~1164]平安後期の公卿。忠実の長男。別称、法性寺殿 (ほっしょじどの) 。摂政・関白。美福門院と結んで父および弟頼長と対立し、保元の乱の原因となった。書にすぐれて、法性寺流の開祖。漢詩集「法性寺関白集」、家集「田多民治 (ただみち) 集」、日記「法性寺関白記」など。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉