• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原通憲の解説 - 小学館 大辞泉

[1106~1160]平安後期の公卿。出家して法号を円空、のち信西 (しんぜい) と称し、僧の身で後白河天皇の腹臣として活躍。平治の乱で捕らえられて処刑された。著に「本朝世紀」「法曹類林」などがある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉