• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蘇我入鹿の解説 - 小学館 大辞泉

[?~645]飛鳥時代の豪族。蝦夷 (えみし) の子。皇極天皇に仕えて権勢を振るい、山背大兄王 (やましろのおおえのおう) の一家を滅ぼして全盛を誇ったが、大化の改新中大兄皇子 (なかのおおえのおうじ) らに暗殺された。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉