行基の解説 - 小学館 大辞泉

[668~749]奈良時代の僧。百済 (くだら) 系の渡来人、高志 (こし) 氏の出身。和泉 (いずみ) の人。法相 (ほっそう) 宗を学び、諸国を巡って布教。民衆とともに道路・堤防・橋や寺院の建設にあたったが、僧尼令違反として禁止された。のち、聖武天皇の帰依を受け、東大寺国分寺建立に協力。日本最初の大僧正の位を授けられた。行基菩薩。ぎょうぎ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉