• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

衣通姫の解説 - 小学館 大辞泉

《美しさが衣を通して輝く姫の意》允恭 (いんぎょう) 天皇の妃。皇后忍坂大中姫 (おしさかのおおなかつひめ) の妹。皇后のそねみを考えて河内 (かわち) に隠れた。和歌三神の一として、和歌山市の玉津島神社に祭られている。衣通郎女 (そとおりのいらつめ) 。弟姫 (おとひめ) 。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉