袈裟御前の解説 - 小学館 大辞泉

平安末期の女性。北面の武士源渡 (みなもとのわたる) の妻。遠藤盛遠 (えんどうもりとお) から恋慕され、夫の生命を救うため、自らその身代わりとなって盛遠に殺された。盛遠は恥じて出家し、文覚 (もんがく) と称した。→文覚

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉