西光の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1177]平安後期の廷臣。俗名は藤原師光 (ふじわらのもろみつ) 。信西 (しんぜい) に仕え、その没後出家。後白河法皇の近臣として活躍。鹿ヶ谷 (ししがたに) で平氏討伐を謀ったが、発覚して刑死(鹿ヶ谷の議)。

出典:青空文庫