• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

西山拙斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1735~1798]江戸中期の儒学者。備中 (びっちゅう) の人。名は正。字 (あざな) は士雅。大坂で医学と儒学を修め、郷里で塾を開いて育英に任じた。著「間窓瑣言」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉