• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

西沢一風の解説 - 小学館 大辞泉

[1665~1731]江戸中期の浮世草子・浄瑠璃作者。大坂の人。名は義教。西鶴以後の代表的浮世草子作者。また、正本 (しょうほん) 屋を営みながら、豊竹座で浄瑠璃を執筆。浮世草子「御前義経記」、浄瑠璃「北条時頼記」、著「今昔操年代記 (いまむかしあやつりねんだいき) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉