• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

西沢一鳳の解説 - 小学館 大辞泉

[1802~1853]江戸後期の歌舞伎狂言作者。大坂の人。西沢一風の曽孫。家業の書店と貸本屋を営みながら、劇作および演劇考証に励んだ。著「脚色余録」「皇都午睡 (みやこのひるね) 」など。