西郷隆盛の解説 - 小学館 大辞泉

[1828~1877]政治家。薩摩 (さつま) の人。通称、吉之助。号、南洲。討幕の指導者として薩長同盟戊辰戦争を遂行し、維新の三傑の一人と称された。新政府の参議・陸軍大将となったが、明治6年(1873)征韓論に関する政変で下野、帰郷。明治10年(1877)西南戦争に敗れ、城山で自殺。
海音寺潮五郎によるの史伝。昭和36年(1961)から昭和38年(1963)にかけて朝日新聞に連載されたものが初出。16年もの間書き続けられた大作だが、著者の死により未完に終わる。単行本は全9巻で、昭和51年(1976)から昭和54年(1979)にかけて刊行。
林房雄によるの長編の評伝小説。昭和14年(1939)に執筆開始。昭和45年(1970)完結。全22巻。

西郷隆盛の解説 - SOCKETS人物データベース

幕末〜明治の薩摩の志士、軍人。薩摩藩の盟友、大久保利通・や長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。
出生地
薩摩国鹿児島郡(現・鹿児島県鹿児島市)
生年月日
1828年1月23日 みずがめ座
没年月日
1877年9月24日(享年49歳)
別表記
南洲 大西郷 南洲翁 西郷どん

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース