• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

覚猷の解説 - 小学館 大辞泉

[1053~1140]平安後期の天台宗の僧。大納言源隆国の第9子。初名は顕智。園城 (おんじょう) 寺の覚円に師事し、のち、天台座主 (ざす) ・大僧正となった。鳥羽離宮内の証金剛院に住したので俗に鳥羽僧正といわれ、画事に堪能。「鳥獣戯画」「信貴山縁起 (しぎさんえんぎ) 」の作者とされるが確証はない。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉