• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

覚運の解説 - 小学館 大辞泉

[953~1007]平安中期の天台宗の僧。京都の人。藤原貞雅の子。比叡山良源に学び、東塔の檀那院に住し、恵心流と並ぶ檀那流の開祖となった。著「玄義鈔」など。