• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

覚鑁の解説 - 小学館 大辞泉

[1095~1144]平安後期の真言宗の僧。肥前の人。新義真言宗の開祖。また、伝法院流の祖。諡号 (しごう) は興教大師。高野山に大伝法院・密厳院などを建立し、金剛峰寺とともに座主を兼ねたが、一山の反対にあい根来 (ねごろ) に移った。著「密厳諸秘釈」など。密厳尊者。