• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

観世信光の解説 - 小学館 大辞泉

[1435~1516]室町中期の能役者・能作者。通称、小次郎。音阿弥の子。幼い大夫の後見役として若手を育成、自らワキ役となり、ワキ師の祖といわれる。また、大鼓 (おおつづみ) の名手。作「安宅 (あたか) 」「紅葉狩」「船弁慶」など。

[演劇・映画/能・狂言の俳優・奏者・作家]カテゴリの言葉