• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

角倉素庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1571~1632]安土桃山から江戸初期の豪商。京都の人。通称、与一。了以の長男。父の事業を継ぎ、海外貿易・土木事業を推進した。また、書を本阿弥光悦に学び、角倉流(嵯峨流)を創始。