• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

護良親王の解説 - 小学館 大辞泉

[1308~1335]後醍醐天皇の第1皇子。名は「もりよし」とも。落飾して天台座主 (ざす) となり、尊雲と号す。元弘の変に僧兵を率いて活躍、還俗して護良と改め、建武新政府では征夷大将軍となったが、のち、足利尊氏と反目、鎌倉に幽閉され、中先代 (なかせんだい) の乱で殺された。大塔宮 (おおとうのみや) 。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉