• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

谷川士清の解説 - 小学館 大辞泉

[1709~1776]江戸中期の国学者・神道家。伊勢の人。名は昇。号、淡斎。日本書紀を重んじ、古典・古語の研究にすぐれた業績を残した。著「日本書紀通証」「和訓栞 (わくんのしおり) 」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉