• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

豊臣秀吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1536~1598]安土桃山時代の武将。尾張の人。幼名、日吉丸。初名、木下藤吉郎。織田信長に仕え、戦功をたて、羽柴秀吉と名のった。信長の死後、明智光秀柴田勝家を討ち、ついで四国・九州・関東・奥州を平定して天下を統一。この間、天正13年(1585)関白、翌年太政大臣となり、豊臣を賜姓。また、検地刀狩りなどを行い、兵農分離を促進した。のち、明国征服を志して朝鮮に出兵したが、戦局半ばで病没。茶の湯などの活動も盛んで桃山文化を開花させた。豊太閤。

豊臣秀吉の解説 - SOCKETS人物データベース

鳴かぬなら、鳴かせてみてしまう、戦国一の出世頭。
出生地
尾張国愛知郡中村郷中中村(現・愛知県名古屋市中村区)
生年月日
1537年3月17日 うお座
没年月日
1598年9月18日(享年61歳)
血液型
O型
別表記
日吉丸 木下藤吉郎秀吉 羽柴藤吉郎秀吉 羽柴筑前守秀吉 はげ鼠 豊国大明神 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士 羽柴秀吉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース