• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貫名海屋の解説 - 小学館 大辞泉

[1778~1863]江戸後期の書家・画家。阿波の人。本名、苞 (しげる) 。字 (あざな) は子善、または君茂。別号、海客・菘翁 (すうおう) など。空海をはじめ和漢の書を研究。南画にすぐれたほか、京都で須静塾を開いて儒学も講じた。幕末の三筆の一人。