• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

車谷長吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1945~2015]小説家。兵庫の生まれ。本名、車谷嘉彦 (しゃたによしひこ) 。放浪生活の経験や煩悩から逃れられない生の苦しみを描いた私小説が評価され、「赤目四十八滝 (あかめしじゅうやたき) 心中未遂」で直木賞受賞。他に「金輪際」「武蔵丸」など。

車谷長吉の解説 - SOCKETS人物データベース

兵庫県出身の作家、随筆家、俳人。広告代理店や出版社に勤務する傍ら作品を発表するが、執筆活動に行き詰まり会社員を辞して30歳からの8年間は住所不定の生活を送る。その後、再び東京へ行き作家として再デビューを果たし、1998年『赤目四十八瀧心中未遂』第119回直木賞を受賞し、同作は2003年に映画化。妻は詩人の高橋順子。
出生地
兵庫県姫路市
生年月日
1945年7月1日 かに座
没年月日
2015年5月17日(享年69歳)

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉