• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

辺見庸の解説 - 小学館 大辞泉

[1944~ ]ジャーナリスト・小説家。宮城の生まれ。本名、秀逸。共同通信社に入社、外信部の記者となる。勤務のかたわら書き上げた「自動起床装置」で芥川賞受賞。退職後本格的な執筆活動に入る。他に小説「赤い橋の下のぬるい水」、ノンフィクション「もの食う人びと」など。

辺見庸の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の小説家、ジャーナリスト、詩人。1991年、『自動起床装置』で第105回芥川賞を受賞。
出生地
宮城県石巻市南浜町
生年月日
1944年9月27日(75歳) てんびん座
別表記
辺見秀逸