• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近藤芳樹の解説 - 小学館 大辞泉

[1801~1880]幕末・明治初期の国学者・歌人。周防 (すおう) の人。本居大平の門下。維新後、宮内省文学御用掛となった。著「明治孝節録」「寄居歌談」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉