• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近藤重蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1771~1829]江戸後期の幕臣。北方探検家。名は守重。寛政10年(1798)松前蝦夷地御用役として、蝦夷地を探検し、択捉 (えとろふ) に「大日本恵土呂府」の木標を建てた。のち、書物奉行。著「辺要分界図考」「宝貨通考」など。