• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

迦毘羅仙の解説 - 小学館 大辞泉

(梵)Kapilamahāṛṣiの漢名》前300年ころのインドの哲学者。六派哲学の一、サーンキヤ学派の開祖とされる。「サーンキヤスートラ」の著者といわれるがこの書は実際には後世の作。カピラ。生没年未詳。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉